October 31, 2005

冷え込んだ一日

今日はぐっと冷え込んだ上に、雨の降る冷たい一日でした。

昨日と同じような格好をして出掛けたのですが、予想外の冷え込みに驚いてしまいました。今月は暖かいと言うかむしろ、汗ばむような日も少なくなかったように思います。それが急にこの冷え込みですから、体調管理が本当に難しいです。

暦も明日からは11月。これにあわせて気候もだんだんと秋らしくなっていくのでしょうか。

投稿者 bitterbit : 11:27 PM

October 30, 2005

とりあえず食べてみた

普段滅多に口にしないような、珍しいものを入手しましたので、そのレポートをお送りします。

■その1 カカオ99%チョコレート

まずパッケージから取り出してみると、チョコというよりかはブラック・コーヒーのような黒さでした。とりあえずかけらを口に運ぶと、カカオのいい香りがします。さすが99%といったところでしょうか。しかし、そのあとにすごい苦さが口全体に広がりました。甘さ全く無し、ほろ苦いどころではなくただただ苦い。ココアの粉をそのまま舐めているよう感覚です。これは製菓用の原材料といった感じでした。ちなみに価格は400円ほどでした。


■その2 ジンギスカンキャラメル

以前から、どうにか入手したいと思っていました。ひょんなことから某駅構内の北海道物産展で手にすることが出来ました。ネット上のいろいろな評判を見てみると、どうやら絶望的な不味さということで、食べる前はかなりドキドキしていました。そして実食。幸か不幸か、全然不味いとは感じませんでした。羊肉の嫌な獣臭さが前面に出ているそんなものを想像していたのですが、実際はミルクキャラメルにジンギスカンのたれのフレーバーがするものでした。

ぶっちゃけ、むしろ好きなほうの味の部類です。自分の味覚は浮世離れしているのかと少々心配になりました。しかし、これからもいろんな食べ物にチャレンジしたいと思います。


投稿者 bitterbit : 10:17 PM

October 29, 2005

銀色ドレスはありませんでした

富野由悠季監督による劇場版Zガンダムの第2作目『機動戦士Zガンダム供殞人たち−』見てきました。

前作と同様にあっという間にエンディングという感じでした。編集の妙というか、新カットを加えつつうまく内容を詰め込んだと思いました。特に戦闘シーンは、前作以上にスピード感があり引き込まれました。ただ、サブタイトルの「恋人たち」はこれを銘打つほどのストーリー展開があったかというと、少々物足りない感じがしました。

とはいえ、この作品1つを取り出してみるよりは、3部作が完成してから全て通しでみた時に、意味を持ってくる作品なのではないかと思います。なお、次回最終作 『機動戦士Zガンダム掘歙韻慮歹阿楼Α檗 は2006年3月4日(土)公開予定となっています。


投稿者 bitterbit : 11:57 PM

October 28, 2005

Answer to life the universe and everything

以前からgoogleには電卓機能が付いていましたが、それが大幅に機能強化され、通貨や度量衡換算、基数変換まで出来るようになりました。さらに注目すべきは「人生、宇宙、すべての答え」についても一瞬で回答してくれます。

強化された機能のサンプルです

今回の機能強化からは、ブラウザさえあれば何でもやってみせる。そんなgoogleの意気込みを感じました。この次は一体何が飛び出すのか、楽しみになってきました。

投稿者 bitterbit : 06:06 PM

October 27, 2005

プロダクト・アウトとマーケット・イン

ふと手にしたフリーペーパー『R25』に「プロダクト・アウト」と「マーケット・イン」と言う2つの用語の解説があり、興味深く読みました。

この用語については恥ずかしながら、寡聞にして知りませんでした。「プロダクト・アウト」は企業の論理を優先した商品開発の手法のことで、一方の「マーケット・イン」は消費者のニーズを調査しそのフィードバックを元に商品開発を行う手法を言います。

「プロダクト・アウト」で思い浮かぶのはSONYでしょうか。初期のデジタル・オーディオ・プレイヤーの圧縮フォーマットがATRAC3だけで、デファクトスタンダードのMP3に対応しないなど、これが最たる例だと思います。その一方で「マーケット・イン」と言えばここ最近のWILLCOM田と思います。KDDIの傘下では思い切った方策も取れませんでしたが、現在では音声定額やスマートフォンなどユーザのニーズを捉えたサービスや製品が登場しています。

SONYも最近のプレイヤーでは、マーケットの要求を取り入れてMP3に対応しています。ここで私が指摘するまでもなく、製品開発はもはや「マーケット・イン」で行われるのが当然ことなのかもしれません。

投稿者 bitterbit : 11:56 PM

October 26, 2005

ZIIのチケット入手

今度の土曜日(10/29)から、『機動戦士Zガンダム供殞人たち−』が公開されます。

前回と同様に松竹系のシネコンMOVIXに予約を入れました。初日のレイトショーのチケットを入手できました。時間は遅いですが料金が¥1200なのでお得です。

今回は全3部作のちょうど真ん中に当たる作品になります。前作は新作カットもありましたが、基本的にテレビ版の前半を凝縮したような作品でした。映画版はテレビとは違う結末になることがすでに明らかになっていますので、新たなストーリー展開を見せるのではないかと期待しています。

兎に角、土曜日が待ち遠しくなってきました。

投稿者 bitterbit : 09:49 PM

October 25, 2005

ナップスタージャパン設立

ナップスターは、一時期音楽ファイル交換の代名詞と言われ、P2Pサービスの先駆けとして知られています。

当時のサービスは、著作権侵害を主張するRIAA(全米レコード工業会)との法廷闘争の末に2002年に倒産しています。現在のナップスターは著作権の問題をクリアした上で、合法的な事業を行う別会社です(ブランド名のみ継承)。

そのナップスターとタワーレコードが提携し「ナップスタージャパン株式会社」を設立しました。この新会社が主体となり、日本でも来春を目処に音楽配信を開始するそうです。詳細については未定としながらも、1曲ごとの課金による「アラカルト」と月額の定額制「サブスクリプション」の2つのサービスを検討しているとのこと。

個人的にはiTMSJのサービスインを心待ちにしていたのですが、いざ始まってみるとまだ一回も利用していません。bookoffで250円のアルバムを買い漁るような人間には、1曲百数十円の価格設定はリーズナブルに思えないところがあります。それよりもなによりも、手元にCDがあるかどうかが個人的には重要なポイントであると気付きました。もちろんiTMSJで購入したものCD-Rに焼くのは可能です、しかしジャケットも含めて1つの作品という思いが拭いきれません。

一方で、ナップスターの定額制「サブスクリプション」サービスには魅力を感じます。価格が決まっていませんが、ひょっとしたら「CD実物必要」のこだわりをうち砕いてくれるかもしれないと、密かに期待しています。

投稿者 bitterbit : 07:11 PM

October 24, 2005

Panda Cam

アメリカのサンディエゴ動物園では、ライブカメラで動物の生態を24時間年中無休で配信しています。

このライブカメラで特に気に入っているのが、Panda Camです。このカメラでは母パンダと今年生まれた子パンダの様子を配信しています。子パンダがゴロゴロしているところや、母パンダが子パンダを抱えているところなどをいつでも覗くことが出来ます。

仕事の息抜きにちょっとアクセスしてみると、本当に癒されます。兎に角、一度覗いてみることをお勧めします。

投稿者 bitterbit : 11:25 PM

October 23, 2005

体調にご注意

今朝は目がさめた途端に、寒気におそわれました。

このパターンは熱が出る前の兆候であることが多いので、とりあえず布団をきちんと掛けなおして、このまま2度寝に突入することにしました。とはいっても嫌な寒気のために中々寝付くことが出来ませんでした。

そうこうしているうちに、ようやくどうにか眠りにつきました。2〜3時間して目が覚めた時には、シャツが汗でびしょびしょになっていました。どうやら寝ているうちに熱が出た模様です。目覚めてすぐは、後頭部が何となく重い感じでした。

熱を測ってみると36.8度でほぼ平熱でした。このような短時間に発熱が収まることもあるのでしょうか。このあと、昼過ぎには体調は元に回復しました。明日から仕事が始まりますので、支障が出ないで何よりでした。

投稿者 bitterbit : 11:09 PM

October 22, 2005

ちゃちゃーっと回鍋肉

夕飯に回鍋肉を作ってみました。

キャベツ、ピーマン、にんじん、ねぎなどの野菜を適当に切って、合わせ調味料と混ぜていためるだけのお手軽料理です。合わせ調味料はテンメンジャン、トウバンジャン、中華スープ、醤油などなどです。中華はちゃちゃーっと作るのが一番ですので、先に食材一式の下ごしらえをしておきました。そして、ほどなく一丁あがり。

トウバンジャンを入れ過ぎたので、かなりピリ辛になってしまいましたが、味が濃く一口でご飯3杯はいけそうな感じに仕上がりました。市販の回鍋肉の素がなくてもいけるものだと、我ながら感心してしまいました。

投稿者 bitterbit : 10:58 PM

October 21, 2005

冷静にW-ZERO3を考えてみる

W-ZERO3の発表から一夜明け、祭りの熱も次第に冷めてきました。そこで、冷静になって考えてみたいと思います。

まずスペックについては、昨日のエントリをご覧頂くとして、個人的にはこれ以上望むものはありません。文句無しです。これだけのものが販売されるとは、ある意味感慨深いです。

ならば、購入決定と行きたいところですが、何か引っかかるところがあります。まずスタイルです。PDAとしてみればごく普通ですが、PHSとしてみるとやはり大きさが気になります。メールはキーボードがあり便利になりますが、通話に関してはちょっと考えてしまいます。そして、一番問題なのが価格です。オープン価格で5万円は切るそうですが、懐具合を考えるとちょっと厳しいです。これもPDAとして考えればむしろリーズナブルなのかもしれません。こうして見ると個人的には微妙なポジションの端末に思えてきました。

結論としては、W-ZERO3はパスしたいと思います。スペックは申し分ないですが、やはりあのスタイルは通話を考えると少々きついように思います。逆にW-ZERO3の発表で、WX310KにJavaが搭載されない点が吹っ切れました。電話であそこまで出来れば十分だと思えるようになりました。

ということで、やっと悩ましい状態から開放されました。怒涛の新機種発表の中から、WX310Kを購入しようと思います。

投稿者 bitterbit : 11:45 PM

October 20, 2005

スマートフォン W-ZERO3(WS003SH)発表

昨日の締めにW-SIMの個性的なジャケットの登場に期待すると書きましたが、一夜明けた今日、以前から噂されていたスマートフォンのジャケットが発表されました。

WILLCOM、SHARP、Microsoftのコラボレーションで開発されたスマートフォン「W-ZERO3(WS003SH)」です。通信はPHSと無線LANのデュアル対応で、OSにはWindows Mobile 5.0を採用しています。このWM5.0に関しては、日本初登場となります。主なスペックは以下の通りです。

OSMicrosoft Windows Mobile 5.0 for Pocket PC
CPUintel PXA270 416MHz
メモリーFlash 128MB(本体システム領域等含む)/SDRAM 64MB(ワークエリア)
表示640×480ドット、3.7型 65,536色 モバイルASV液晶
カメラCMOS 133万画素
無線LANIEEE802.11b
質量約220g(タッチペン、充電池含む)
接続ポートUSB mini B、ヘッドセット
カードスロットmini SD、W-SIM
連続待受時間約200時間
連続通話時間 約5時間
ソフトウェアToday、 Internet Explorer Mobile、Windows Media Player 10 for Pocket PC、メール、ライトメール、予定表、連絡先、仕事、電卓、電話、Excel Mobile、Word Mobile、PowerPoint Mobile、Picsel PDF Viewer、Javaプラットフォーム(JBlend)、画像とビデオ、ブンコビューア、メモ、ゲーム、ファイルエクスプローラー、検索、オンラインサインアップ、ActiveSync、その他各種設定など

Java、WMP10、Office関連、PDFなどに加えて、FlashやSkypeまでも利用出来る見込みになっており、まさに"全部のせ"の製品です。また、スライド式のキーボードが内蔵されているのも見逃せません。ここまで至れり尽くせりだとは予想できませんでした。さらに、W-SIMを装着しなくてもPDAとして使うことも出来るようです。

また、これと同時に「ウィルコム無線LANオプション」が発表されました。NTTコミュニケーションズと提携してHOTSPOTの利用が可能になります。なお、W-ZERO3ユーザは2006年5月31日は試験モニターとして無料です。その後、料金は音声定額+データ定額オプションを利用している場合、月額¥700円(税込)となります。

昨日の発表が一気に霞んでしまいそうな、インパクトのある製品が登場しました。個人的にはWX310Kを購入予定でしたが、何とも悩ましい状況になりました。攻めの姿勢を崩さないWILLCOMに、これからも注目していきたいと思います。

投稿者 bitterbit : 05:40 PM

October 19, 2005

W-SIM(ウィルコムシム)発売日決定

以前WILLCOMの「コアモジュール戦略」発表会でお披露目された、W-SIM(ウィルコムシム)およびそれに対応したWILLCOM SIM STYLE(ジャケット端末)の発売日が11月25日に決定しました。

今回発売になるのは、W-SIM「RX410IN」と音声通話用の「WS001IN:SIM STYLE TT(Tiny Talk)」、およびデータ通信用の「WS002IN:SIM STYLE DD(Data Driver)」で、全てネットインデックス(旧本多エレクトロン)製です。デザインは工業デザイナーの山中俊治氏が担当しています。SIM STYLE TTは以前公開された試作機と外見に違いはないようですが、SIM STYLE DDは以前公開されていたものとは全く違う、スリムでW-SIM用ドングルといった雰囲気になっています。

SIM STYLE TTは「ウィルコムストア」だけの取扱で、限定9000台のみ販売となっています。なお、SIM STYLE DDは一般の販売店でも入手可能とのことです。

ウィルコムストアの販売価格は以下の通りです

 SIM STYLE "DDセット"SIM STYLE "TTセット"SIM STYLE 「TT(Tiny Talk)」
RX410IN
SIM STYLE DD
SIM STYLE TT
価格
新規/機種変更
¥5,800-/¥5,800-¥22,800-/¥22,800-¥24,800-/¥24,800-

SIM STYLE TTは台数限定で販売価格を考えても、どちらかといえばコンセプトモデルを販売するというような感じなのかもしれません。これに引き続いて、より多くのメーカから個性的なジャケットが販売されることを期待したいところです。

投稿者 bitterbit : 07:22 PM

October 18, 2005

どぉなっちゃってんだよ:続報

昨日のUPSの内部にワッシャー混入していたアクシデントの続報です。

午後にあらためて先方から電話があり、良品と交換したいとの申し出がありました。製品はすでに稼動しているので、こちらとしては交換は無用と伝えたのですが、先方としてはそういうわけには行かないとのこと。

ということでこちらもその旨了解し、良品との交換が決定しました。ただし、現在在庫がなく発送は今月末になるとのこと。すでに機材は稼動しており一刻一秒を争うような状況ではないので、とりあえずは良品の到着を待つことにしたいと思います。

投稿者 bitterbit : 08:23 PM

October 17, 2005

どぉなっちゃってんだよ

勤め先に注文していたデスクトップ用のUPSが届きました。

そこまでは良かったのですが、梱包から製品を取り出す時に「カラカラカラ」という音がするのに気付きました。どうやら製品の内部で何かが動いているようでした。今日に限ってこの音が妙に気になり、早速分解して原因を調査してみることにしました。

カバーを開けて見てみると、特に変わった様子はありませんでした。ですが、左右に振ると例の音がします。とりあえず2つある鉛シール電池を外してみました。するとそこに異音の原因を発見しました。何と金属製のワッシャーが2つ隠れていました。

これは下手をすればショートの原因になりかねない、非常に危険な不都合です。製品は国内の大手電機メーカー製ですが、これはあまりにもお粗末です。このあと、メーカーに不都合について連絡をしました。

今回は幸いにも自分で気が付いて異物を取り出しましたが、そのまま使っていたらどうなっていたか、想像するだけで恐ろしいです。

投稿者 bitterbit : 07:38 PM

October 16, 2005

効果覿面、トラックバックSPAM対策

先日より、拙サイトではトラックバックSPAM対策を施しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。

まだ導入から日は浅いですが、これが予想以上に効果があるようです。ログを確認したところ、すでに20件弱のSPAMと思しきトラックバックが拒否されています。この件数を手動で削除するのはかなりの手間ですが、その作業が発生しないのは本当に助かります。

その一方で、普通にトラックバックしていただく方には、このような制限を設けたことで何かと不便をかける結果になり申し訳なく思います。これに懲りずにこれからもどうぞよろしくお願いします。

投稿者 bitterbit : 09:08 PM

October 15, 2005

社会科見学:テーマ「新しいもの」

ここ最近ペリカンのパンを食べていないため、そろそろ禁断症状が出そうな感じでしたので、田原町まで出掛けてきました。そして、パンを買ってすぐ家に帰るのも、もったいないので、プチ社会科見学をしてみることにしました。今回のテーマは「新しいもの」です。

前回訪れた時はビルに足場が組まれて休みかと焦ったのですが、工事はすでに終わっておりビルの外装が綺麗になっていました。今回は中ロールと小ロールを購入しました。これで、一番の目的はクリアになり、ここから社会科見学をスタートしました。

新しいものの一つ目は、つくばエクスプレスです。ペリカンのお店から国際通りを浅草方面へ5分ほど歩くと、浅草駅があります。駅の壁画には、かつて浅草を沸かせたコメディアンの似顔絵などがあり、独特の雰囲気があります。兎に角、短い距離ですが終点の秋葉原まで乗車してみました。秋葉原までは地下鉄になっているので車窓を楽しむことは出来ませんでしたが、新しい鉄道の雰囲気だけは感じることが出来ました。

そして次は、秋葉原のヨドバシカメラです。先日は、ゆっくりと回ることが出来ませんでしたが、今回は各フロアを見てまわりました。PCや情報家電、オーディオなどがかなりの品揃えで陳列されています。そのほかにも、本屋、CDショップ、レストラン街もあり、21世紀の新しい百貨店のかたちを見ているような気がしました。

秋葉原でだいぶ時間を使ってしまったので、今回は2つの「新しいもの」で、社会科見学は終了になりました。このあと、神保町の餃子専門店「スヰートポーヅ」で老舗の味をたっぷりと堪能して、帰路につきました。

新しいものと、古くからあるもの、この両方に触れることができ、充実した一日となりました。


投稿者 bitterbit : 11:35 PM

October 14, 2005

肉眼では見えない芸術

お使いのコンピュータのICチップにも、人知れず芸術が隠されているかもしれない。そんな夢のある話題です。

顕微鏡のエキスパートであるMichael Davidson氏は、長年に渡って顕微鏡でとらえたIC回路の美しさを写真に残してきましたが、ある時回路の配線に明らかに他とは異なるパターンを見つけました。それはリバースエンジニアリング防止の細工と考えたのですが、よく見ててみると「ウォーリーをさがせ!」のウォーリーの顔でした。

この出来事をきっかけに、様々なICチップを調べ、隠されたパターンをさらに発見したそうです。これらミクロの作品は本来の品質に影響しないように忍ばされるのですが、中には製造上の問題を引き起こしたICチップも存在するそうです。また最近では、品質検査も厳しく、このような遊び心のあるチップは減っているとのことです。

氏の運営するサイト「Silicon Zoo」では、発見されたパターンをたっぷりと見ることができます。芸術の秋ですので、このような芸術鑑賞もなかなか面白いと思います。

投稿者 bitterbit : 06:13 PM

October 13, 2005

PC-DJ100M@Pentium3 800MHz

先日、衝動買いした「PC-DJ100M」は、Pentium2ベースのCeleron 533MHzが非力なのか、Skypeで通話をしていると一気に処理能力が落ちるようです。そもそも、お手軽なSkype端末が欲しいというのが購入理由だったのですが、このままではどうしようもないのでもう少しパワーのあるCPUを奢ってやることにしました。

そこで用意したのが、Pentium3 800MHz(システムバス100MHz)です。システムバス66MHz×8.0のCPUが動いているのであれば、100MHz×8.0のCPUでもバスクロックさえ変更できれば、動作するのではないかという安易な発想です。

先に結論から申し上げますと、Pentium3 800MHzを動作させるのに成功しました。ただし、動作可能になるまでには、いろいろと手を加える必要があります。CPUをソケットに刺して作業完了というわけには行きませんでした。その作業についてはBIOSに修正を加えたりと、一歩間違えればPCが起動不能になるリスクを伴う非常に危険なものですので、ここでは割愛します。

換装後は、もともとI/Oのスループットが良くないのか起動時間などはあまり早くなった気はしませんが、Skypeの通話時でも処理が滞ることはなくなりました。やはり重い処理に関しては、馬力アップの恩恵を十分に感じることが出来ました。これでようやくSkype端末として本格的に利用出来るようになりました。


投稿者 bitterbit : 08:13 PM

October 12, 2005

月刊 WindowsUpdate 10月号

10月のWindowsUpdateが公開されました。先月は急遽リリースがキャンセルされてしまいましたが、今月は新規公開が9件となっています。

久々のアップデートでパッチの数が多めになっています。インストールもれがないようにお気をつけ下さい。

投稿者 bitterbit : 02:18 PM

October 11, 2005

トラックバックSPAM対策

昨日のエントリで予告した通り、本日からトラックバックSPAM対策を施しました。これには、GNUE氏作成のプラグイン「mt-spamstop-tb」を利用させていただきました。有用なソフトウェアを公開していただき、ありがとうございます。

以下の条件のいずれかを満たすトラックバックは、自動的に拒否されます。

  • 概要(excerpt)にアンカータグ(<a href="URL">〜</a>)を含むもの
  • 概要(excerpt)が空白のもの【2006.10.05 追加】
  • トラックバック元のエントリの概要(excerpt)に全角文字が含まれない場合【2006.1.30 追加】
  • blog名にアンカータグ(<a href="URL">〜</a>)を含むもの
  • ブラックリストに該当するIPからのもの

トラックバックに制限を設けるのは、出来れば避けたいところなのですが、SPAMを削除する手間を考えると導入せざるを得ないのが現状です。ご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。

投稿者 bitterbit : 05:48 PM

October 10, 2005

トラックバックSPAM

一昨日あたりから、スクリプトによるトラックバックSPAMの絨毯爆撃が激しさを増してきました。

その都度トラックバック元のIPをbanしているのですが、この方法ではいたちごっこで根本的な解決にはなりません。そこで現在は無条件にトラックバックを受け入れていますが、SPAMを防止するために何らかの制限を設けようかと考えています。

コメントに続きトラックバックにも制限をかけなくてはならないのは、非常に心苦しいところですが、何卒ご理解いただければと思います。詳細が決まり次第、内容についてお知らせしたいと思います。

投稿者 bitterbit : 11:31 PM

October 09, 2005

遊びはほどほどに

昨日はジンギスカンを堪能したあと、朝までカラオケ大会となりました。

久々にはめをはずし過ぎたためか、一日中だるい&ねむいでダラダラと過ごしてしまいました。学生の頃はオールで遊ぼうが、次の日はそのまま授業を受けてもなんでもなかったのですが、知らず知らずに体力は衰えているようです。

気持ちばかりで、体力が追い付いていない現実に少々凹みました。これからは自重して遊びはほどほどにしたいと思います。

投稿者 bitterbit : 11:41 PM

October 08, 2005

ジンギスカンうだ川@町田

生まれて始めてのジンギスカンを食べて来ました。今回訪れたのは町田にある「ジンギスカンうだ川」です。

場所は小田急線町田駅から市役所を目指し、そのまま町田街道に出たら相模原方面へ進み、第一中学校のところを右折して道なりに少し行ったところです。だいたい10分弱ぐらいでしょうか。

以前インド料理店でマトンのカレーを食べた時の獣臭いイメージがあり、内心食べられるか少々心配していました。ですが、それは杞憂に終わりました。始めにいただいた、塩ラム&マトンの網焼きは柔らかく、クセも全くありませんでした。ピンク色のラムはさっぱりとしていて、それでいて噛むと口の中に味わいが広がる絶品でした。また、マトンは赤身でラムに比べて肉のうまみが濃厚な印象を受けました。

網焼きを堪能したあとは、本命のジンギスカン鍋です。こちらは少々ピリカラのつけ汁で野菜やうどんと一緒にマトンをいただきました。とにかくボリューム一杯で、こちらも大満足です。

羊肉にはあまりいいイメージがなかったのですが、こちらのお店のおかげでそれは完全に払拭されました。はじめて羊肉に挑戦される方は「ジンギスカンうだ川」でデビューすれば、間違いないと思います。


投稿者 bitterbit : 11:59 PM

October 07, 2005

Mebius PC-DJ100M:Windows 2000 インストール・メモ

昨日にひきつづき、「Mebius PC-DJ100M」の話題です。今日はWindows 2000インストール・メモです。

まずは、メーカーのwebで情報収集です。幸いにもOSのアップデートについても以下のような情報がありました。

  • BIOSのバージョンは「DJ12VR13」にアップデートのこと(詳細
  • インストール中にキーボードが使用不能になった場合、無人インストールスクリプトを利用する(詳細
  • windows 2000用各種ドライバおよび、無人インストールスクリプトの提供あり(詳細

インストール中にキーボードが使えなくなる問題は、このマシンでは大丈夫だと高をくくっていたのですが、見事にキーボードが使えなくなりました。試しにWindows 98SE、Windows NT 4.0のインストールもチェックしましたが、こちらでは問題なくキーボードが使えます。どうやらこれはWindows 2000環境時の仕様のようです。

こうなるとインストールスクリプトを利用することになるのですが、readmeを見ると既存のパーティションが残ることと、FATでフォーマットされる旨の記載がありました。1パーティションでNTFSフォーマットの方が使いやすいので、そのようにセットアップされるように、スクリプトファイル「winnt.sif」に以下のような変更を加えました。

[Unattended]セクションに「Repartition=Yes」を追加する

このキーを追加するとハードディスク全体を1パーティションとして、NTFSでフォーマットすることが出来ます。HDDデータが残っている場合、内容が完全に消去されますので、十分に注意して下さい。それからこのファイルを使ってインストールを行います。方法は以下の通りです。

  1. スクリプトファイル「winnt.sif」をフロッピーにコピーする
  2. BIOS画面でCD-ROMを第一起動デバイスに設定する
  3. Windows2000のCDと1.のフロッピーをセットして、起動する

スクリプトのおかげでテキストモード(青い画面)のインストールは全自動になります。テキストモードが終了すると再起動を求められます。なお、再起動後のGUIモードのインストールからはキーボードが使えます。このようにしてようやく問題解決と思ったのも束の間、もう一つの問題が出てきました。

手元にあるWindows2000は、アップグレード版です。もちろんこれでクリーンインストールも可能ですが、インストールの途中でWindows NTのCD-ROMを要求される場面があり、そこでenterを押す必要があります。しかし、自動スクリプトではその場面で処理が止まってしまいます。調べては見ましたが、CD-ROM認証をスクリプトで対応する方法が分かりませんでした。

結局時間はかかりましたが確実な方法として、前もってNT4.0をインストールし、CD-ROMによる認証画面を出さないようにしてクリアしました。その後インストールは問題なく完了し、Windows 2000環境を構築することが出来ました。今回はPCの安さに飛びついたものの、それにはそれなりの理由があると言うことを、たっぷりと思い知らされることになりました。

投稿者 bitterbit : 08:35 PM

October 06, 2005

Mebius PC-DJ100M

ちょっとばかり野暮用があったので有給休暇とったのですが、肝心の用事はあっさりと午前中に片付いてしまいました。

時間を持て余していたので、とりあえずソフマップを冷やかすことにしました。そこでシャープの一体型「Mebius PC-DJ100M」が中古コーナー10台ほど並べられており、価格も1万円前後とかなりお買い得でした。

スペックはCeleron 533MHz、RAM 320MB、HDD 15GB、OSなし、付属品はACケーブルとキーボードで見た目もそんなに汚れていない様子で¥12,300-。2分ほど悩んで「中古は一期一会だ!」と自分を納得させて購入してしまいました。

実は先ほどまで、Windows2000のインストールに悪戦苦闘していました。この様子については明日のエントリに詳しく書きたいと思います。


投稿者 bitterbit : 11:21 PM

October 05, 2005

マイクロPC「Sizka」

現在自宅で使っているルータは、PentiumPRO 200MHzのデスクトップPCにLinuxをインストールしたものです。

このPCの難点はファンが五月蠅いことで、寝る前には必ず電源を落としています。そこでいつかはファンレスPCを導入の上、24時間運用に移行したいと考えていました。いわゆるブロードバンドルータでは設定の柔軟性がなかったりで、選択肢になり得ません。かといって企業向けのハイエンドなルータは高価過ぎて、手が届きません。

そこで見つけたのが(株)ピノーのマイクロPC「Sizka」で、スペックは以下の通りです。

  • CPU: AMD Geode LX800@0.9W / 500MHz
  • RAM: 256MB
  • HDD: 40GB(2.5inch)
  • LAN: RTL8000(10/100 Ethernet)
  • VGA: VESA互換2D
  • USB 2.0 × 4
  • 電源: 12W ACアダプタ

これ以外にも、HDDを搭載せずシリアルとLANが2系統づつののPROモデルが存在しますので、これをルータとして利用できそうです。価格はPROモデルが素の状態で¥69,800-となっています。

本体とは別にHDDやOSを用意しなくてはならず、少々割高な気もしますが融通の利くシステムを実現するのには、それなりのコストがかかるのは仕方のないことかもしれません。

投稿者 bitterbit : 07:50 PM

October 04, 2005

昔取った杵柄というわけには…

久しぶりにQuarkXpress(ページレイアウト・ソフト)を使った作業を手伝うことになりました。

システムの管理を担当するようになってからは、DTPに関わることもほとんどなく、作業中はなかなか勘が戻らなくて困りました。以前は特に意識しなくてもショートカットをすらすら使うこともできたのですが、今ではそれさえも思い出しながらになっていますので、予想以上に時間がかかってしまいました。IllustratorやPhotoshopなどを使う機会はそれなりにあるのですが、Quarkを使うのは本当に久々でした。

数年前まではほぼ毎日使っていたアプリでも、これだけブランクがあると厳しいものがあるようです。以前のエントリで触れましたが、DTPオペレータとしてキャリアをスタートした身としては、もはやDTPオペとは言い難い自分の現状に、少々凹んでしまいました。

投稿者 bitterbit : 06:10 PM

October 03, 2005

平成電電が経営破綻、負債総額1200億円

直収型固定電話サービス「CHOKKA」を提供している平成電電が、今日付けで民事再生法の適用を申請しました。負債総額は1200億円とのことです。

直収型固定電話サービスとは、契約者から電話局の間をNTTの未使用回線を借り受けて結び、そこからNTTではなく独自のインフラ(基幹回線や交換機など)を使って電話サービスを行うものです。かつては主に大企業向けのサービスでしたが、次第に一般向けのサービスも提供されるようになりました。

今回このような措置に到ったのは、設備投資が大きくそれをペイするだけの契約数を取れなかった為のようです。最近ではWILLCOMの音声定額、IP電話やSkypeなど一般家庭のみならず企業でも安価な代替サービスを利用する機会が増えていますので、これらの新しいサービスとの競合が事態を悪化させたのは想像に難くありません。

それよりも何よりも、NTTからの切替手続きが煩雑なイメージもあり、また一部利用できなくなる電話サービス(テレゴング、ナビダイヤルなど)があるために、通信コストとこれらの制限を考慮して、導入に二の足を踏むユーザが少なくなかったのではないかと思います。

なお、現在提供されているサービスは今後も継続されるとのことです。契約されている方は、平成電電のwebをご確認下さい。

投稿者 bitterbit : 05:48 PM

October 02, 2005

ソーダサイフォンのコツ

先日購入したソーダサイフォンですが、ようやくコツのようのものが分って来ました。

簡単にまとめると以下の通りです。

  • 使う水は必ず冷蔵庫で冷やす
  • ソーダサイフォンの容器も冷蔵庫で冷やす
  • ガスを注入したら一心不乱にシェイクしまくる(3分ぐらい:かなり疲れます)
  • シェイクが終わったら、10分ほど冷蔵庫でなじませる

これを参考にしていただければ、ノドが焼けるような強い炭酸を作ることが出来るかと思います。やっとコツを掴んできたのですが、いつの間にやら秋になっておりました。これから次第にソーダサイフォンの出番も減ってきそうなのが残念です。

投稿者 bitterbit : 11:59 PM

October 01, 2005

ここどこ? 秋葉原だよ

つくばエクスプレスが開業してから、初の秋葉原へ行ってきました。

いつも行く裏通りはショップの移転や閉店もありましたが、特に人手が増えた様子も無く、普段の土曜日の様子でした。ただ、けっこうヨドバシカメラの袋を持った人を見かけて、この街も変わったと実感しました。

それからとりあえず社会科見学も兼ねて新しい街を見て来ました。普段はあまり昭和通り側へ行かないのですが、久しぶりに行ってみてびっくりしました。駅前はすっかり綺麗になっており、まさにここはどこ? 状態になってしまいました。

まだ工事が終わっていない部分もあるようで、これからどのように変化していくのか興味深いです。


投稿者 bitterbit : 08:41 PM